FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パパの言うとおりにしなさい 

オマール・ベルの世界:キャプション「パパの言うとおりにしなさい」

do_as_i_say-01.jpg
ブライアンは、アパートにいて、椅子に座り、無為に指を吸っている。彼のふたりの娘たちは、この週末、よそに出かけててお泊り。だからブライアンは特に何もすることがない。

グレートチェンジの前だったら、彼は悪友たちとビールを飲みに出かけていたかもしれない。だが、彼は、身体が変化してからというもの、ずっと、そんな気になれないのだった。

それより何より、彼は極端にエッチな気持ちになっていた。彼は、自分でも気づかぬうちに、玄関を出て、ちょっとしたお楽しみを求めて、玄関を飛び出していたのだった。

ああ、この、ほんのちょっとの短い年月の間に、いかに世の中が変わってしまったことか……

*****
do_as_i_say-02.jpg
ヤリたがっていそうな相手を見つけるのに時間はかからなかった。なんだかんだ言っても、ブライアンは(この歳であっても)実に可愛いボイだから。彼が舗道を歩いていると、男が車を寄せてきて、乗らないかと招いた。もちろん、ブライアンは飛び乗った。ふたりとも、何をするための状況か、ちゃんと認識している。男はブライアンのお尻を見たがった。そしてブライアンも喜んで見せてあげた。

*****

do_as_i_say-03.jpg
ブライアンがズボンから男のおちんちんを引っぱり出して、口に咥えるまで、そう時間はかからなかった。

でも、頭の中、ぼんやりとだけど、ちょっと罪の意識があった。自分って淫乱なの? でも、ちょっとそう思っただけで、後は、そんなこと気にしないことにした。自分は大人のボイなのだ。だから当然、自分には、エッチな気持ちになったら、欲しいモノを手に入れる権利がある。

*****

do_as_i_say-04.jpg
それから20分もしないうちに、ブライアンは寝室に通じる階段を男を連れて上がっていた。自分の丸いお尻に男が興奮してるのが分かる。それに、自分のあそこも期待して濡れてきているのを感じる。

*****

do_as_i_say-05.jpg
ブライアンは、その男の正面に向き直り、裾の短いシャツを捲り上げた。そうして、固くなった乳首を露出した。

下に目をやると、男のズボンの前が盛り上がっているのに気づく。ああ、素敵! この人、その気になっている。

ブライアンはにっこり微笑みながら、床にひざまずいた。

*****

do_as_i_say-06.jpg
ブライアンは、これまでの人生で、そんなにたくさんおちんちんをしゃぶってきたわけではない。確かに、他のたいていのボイ同様、グレートチェンジの直後は、ちょっと狂ったようになったし、それなりにたくさんの男たちとセックスしてきたけど、でも、何か異常なことでも何でもなかった。とは言え、自分でもフェラがかなり上達したかなと感じていて、今も、彼の前にひざまずき、大きな黒いおちんちんに、知ってる限りのテクニックを使って奉仕した。

*****

do_as_i_say-07.jpg
ブライアンは、男に、ドレッサーに手をつき、身体を寄せるようにさせられ、鏡に映る自分の姿を見た。

ああ、入れてもらえて、すごく気持ちいい。気持ちが解放される感じ。本当に久しぶりだったから。最後に男と親密になってから、ほぼ半年ぶりだから。

ふたりの娘の子育てとか、フルタイムで働いていたりとかで、ブライアンにはこんな時間が持てなかったのである。

*****

do_as_i_say-08.jpg
イクのは100回目になるんじゃない? そう思うほど何度もイカされ、そしてまたもブライアンは絶頂に達し、叫び声を上げた。この人、スタミナがあって、本当に良かった! ブライアンは身体を上下に揺さぶり続けた。大きくて黒いおちんちんが、濡れたアナルにズブズブ、出たり入ったりを繰り返すのを感じる。

絶頂に達するたびに、彼の半年に渡るストレスが溶けて消えていく……

*****

do_as_i_say-09.jpg
騎乗位を続けていたブライアンに、やがて疲れが出てきた。そこで彼は四つん這いになり、男に動きを任せることにした。男にこの仕事を任せて正解だった。男は、杭打ち機のようにブライアンに激しく打ち込んだ。

*****

do_as_i_say-10.jpg
次から次へと体位を変え、ブライアンは動き続けた。時の流れが意味を失っていく。ブライアンはこの行為に耽り続ける。あるのは快感だけ。

*****

do_as_i_say-11.jpg
ブライアンは、ふたりの娘が帰宅していて、見ていたことにすら気づかなかった。もちろん、ブライアン自身は娘たちに知らない男とセックスしてはダメと注意し、愛しあってる人が現れるまで待ちなさいと言っていたのだが。

この娘たちは理解しただろうか? あるいは自分たちの父親のことを偽善者だと思うだろうか? ブライアンは、この問題については、後で考えなければならないだろう。というのも、今は、彼はちょっと気が散っているから。

(おわり)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


[2015/09/30] 本家掲載済み作品 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。