FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クラス会の後で(キャプション) 

re1.jpg
クラス会の後で

01
「お前が変わったのは、どう見てもはっきりしているぜ。事実上、お前、今は女じゃん!」

「ボクはお前と同じく男だよ! ベル博士のウイルスとかニュースで言ってるけど、ボクは気にしない」

「そうか? つか、自分を見てみろよ。何なんだって? 45キロくらいか? 運が良ければ、まだ155センチくらいはあるか?」

「まあ、確かにちょっと小さくなったけど……でも、そんなの何の意味もないよ。ボクは前と同じ男なんだ」

「だから、本当かって。まあ、俺が間違ってるかもしれないが……だったら、男だって証明してもらおうか。その服を脱いだらどんな格好をしているか見せてもらおうじゃん。だって服を着てると、分からねえからな……あそこにちゃんと男の証拠がついてるか見えねえし」

「ふ、服を脱ぐの? お前の前で? どうしよう……」


re2.jpg
2
「問題ねえだろ? 普通の男だって言うならだが。お前の身体なんて俺が見たことないところはねえんだから。な?」

「いや、……そうじゃなくって、ただ……まあいいや、分からない。ああ、いやっ。なんか、ジムとかで男たちの前で服を脱いだことがないみたいな感じ……」

「お前、パンティを履いてるのか? なるほど、男らしいぜ」

「あのねえ、ボクは自分の服が合わなくなってるんで、彼女の古い服を着てるだけなんだよ。買い物に行く時間がなかったんだ!」

「男なのに、男の服が合わないって? おかしいぜ、そんなの。その女っぽい身体なら合わなくて当然だ。俺に言わせりゃ、そのパンティ、すごく合ってるように見えるぜ」

re3.jpg
3
「ほら。ボクはちゃんと男だよ! ちょっと待って。何を笑ってるの?」

「すげえちっちゃいんだな! それにお前の身体……男の身体とは全然違うのは確かだぜ」

「どういうことよ? 確かに大きくはないけど、ちっちゃくはないよ! それに、身体の線もちょっと変わったけど、でも……」

「バカだな……自分が知らないだけじゃねえの?」


re4.jpg
4
「ちょっと待って。なんで、そんな目で見てるの?」

「おい、もう、自分は男だって思ってるようなフリはやめろよ。て言うか、お前、目が見えないのか? お前、自分で鏡を見て知ってるはずだぜ」

「ぼ、ボクは……あのウイルスとかのせいだけだよ。中のボクは変わっていないよ。前と同じ男なんだ。ただ、身体がちょっと変わってしまっただけ」

「じゃあ、こっちに来いよ。お前に本物の男のちんぽがどんなものか、見せてやるからよ」

re5.jpg
5
「あ、すごい。すごく大きい!」

「これが本物の男のちんぽだ。お前のちっちゃいアレとは違うだろ。お前、触ってみたいだろ? ほら?」

「え、ええ……」

「ほら、いいぜ。ボイが可愛い手でちんぽを握りたいと思うのは自然なことなんだ。口に咥えるのは、もっと自然なことなんだぜ」


re6.jpg
6
「むむんん……」

「どうだ? これが正しいって感じがするだろう? お前、大きな黒ちんぽを咥えるのが好きなんだ。そうだろ? お前が何と言おうとも、俺には分かる。お前はもはや自分を男とは思っていない。ボイと思ってるんだ。分かるぜ」

「むんんん……んんん……」

「返事はしなくていいぜ。そのまま続けてろ。お前はちんぽをしゃぶるようにできてるのは分かってるんだから。自分でも分かってるんだろ。お前はボイなんだって」

re7.jpg
7
「(ハアッと息をついて)この感じって……」

「分かるぜ。お前はボイだ。ボイは男と一緒になるようにできている。確かにちんぽしゃぶりもその一部だが、お前はちんぽをしゃぶること自体が嬉しいんじゃない。……お前は、新しい自分を受け入れてることが嬉しいんだ。とうとう自由になったんだぜ」

「こ、今度は何を?」

「さあ、尻を出して前のめりになれ。ボイはどういうふうにセックスするか俺が教えてやる」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


[2016/03/18] クラス会の後で(キャプション) | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。