FC2ブログ



feminization 04-08 

FS_Caps_Gender_Role_Reversal_Caption.jpg

04_08
モデル業はずっと女性が支配する職業であった。確かに、過去には男性モデルもいたが、常に、どこか2番目の地位にあるものとして見られていた。真のスターモデルは女性なのだった。デザイナーたちは自分たちの服のモデルには女性モデルを求めたし、実際、そうなっていた。

だが、不思議なことが起きた。何年かにわたって、女性モデルが少しずつ女性的でなくなってきたのである。始まりは、胸が平らな女性モデルを好む傾向から始まった。そして、その流れは、腰のほっそりした女性を好む傾向へと拡大した。その後、肩幅の広い女性を求めるようになるなど、非女性化が続いたのだった。

男性モデルは、それとは異なる道をたどったように思われる。デザイナーは中性的な男性モデルを求めた。その後、可愛いルックスの若者を求め、その後、とうとう、2020年に、ファッション業界は取り繕うのをやめ、乳房があり、髪が長く、腰も大きく、女性的な表情を備えた男性モデルを使い始めたのだった。

多少時間がかかったが、これまでも常にそうであるように、男性、女性にかかわらず、美を構成する概念は、どのようなルックスのモデルが好まれるかに応じて変化していった。若い男性は、雑誌で見るモデルのようなルックスになりたいと思いながら、成長した。そして、現実に、彼らはそういうルックスになっていった。

どのようにしてそれが可能になったかについては立ち入らない。それを論じるのは科学者の仕事だ。だが、どれだけ私たちが変わったかを知るために、『プレイガール』誌(現在、年間売り上げでは『プレイボーイ』誌をはるかに上回っている)の2034年のプレイメイトである、ケニー・ハリソンの姿を見るとよいだろう。

10年、20年の時間で多くのことが変わることがあるのである。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


[2018/04/05] 本家掲載済み作品 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する