FC2ブログ



08 Contest 「コンテスト」 

Imfap_5_contest.jpg

08 Contest 「コンテスト」
もう4年以上、ボクはこの島にへばりついている。信じてくれるかどうか分からないけど、ボクがここに来たときは、普通の男だった。マッチョじゃなかったのは誰よりも速く認めるけど、いわゆるシシーでもなかった。ボクは普通だった。

4年前、ボクはあのバカげたコンテストに参加したのだった。コンテストと言うより社会実験だったのかな。何でもいいや。ともかく、ルールは単純だった。男女のカップルでこの島で生活すること。でも、条件があった。男性は女性に従わなければならないという条件。言いたい気持ちは分かる。そんなに悪い条件でもないだろって? それは間違い。その「従うこと」の中には、服装、振る舞いから、愛し合い方に至るすべてが含まれていた。

最初の1年はきつかった。ドレスやビキニやランジェリを着るのに慣れるのは難しかった。ベッドで「女性」になるのに慣れるのは、もっと難しかった。でもボクは何とかやり遂げた。参加者の半分以上が、この最初の1年で脱落した。でも、ボクは残った。最後まで残ったひとりになれたら1000万ドルの賞金がもらえる。ボクはその最後のひとりになるつもりだった。

実際、2年目は比較的楽だった。自分の立場に慣れていたし、むしろ楽しむようにもなっていた。でも、その後に3年目が訪れる。条件が吊り上げられたのだった。ホルモン摂取、食事制限、エアロビ、そして手術が条件に加えられたのだった。それがアナウンスされた時、残っていた男たちのさらに半分以上が脱落した。ボクも、実際、脱落することを考えたけど、結局、頑張って残ることに決めた。

体が変化し始め、大きく膨らんだところと縮んだところがはっきりしてきた。それに合わせて、女物の服が体にぴったりするようになっていった。多分、彼らは特別に強力なホルモン剤とかを使ったのだろう。ボクには分からない。いずれにせよ、3年目をすぎたときには、ボクは以前のボクとは似ても似つかない姿になっていた。

今は、ボクも混ぜて2人しか残っていない。でも、ボクの方が有利だと思っている。もう一人の男の場合、彼の妻がしょっちゅう彼に暴力をふるっているのだ(悲しすぎることだが)。彼はやがて我慢できなくなるだろうと思ってる。こういう形でボクが勝つのは望んでいないけれど、ボクが一番になるだろう。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


[2018/04/12] 本家掲載済み作品 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する