FC2ブログ



67 Competitive 「恋敵」 

ifap_67_competitive.jpg


67 Competitive 「恋敵」

「さあ、おふたり。前に出て。真ん中に立って。彼氏のジェロームがすぐにここに来るから。あんたたちふたりを彼に見せびらかしたいの」

「か、彼氏?」

「あら? 言ってなかったっけ? あたし、地元に彼氏がいたってこと? 彼とは長距離恋愛みたいなことをやってたけど、あたしたち女の子同士でしてたら、ちょっと、あたしイライラしてきちゃってて。あんたたちふたりが、もう2週間ほど張り合い続けてていたら、あたしも諦めてたかもしれないけど。あ、彼が来たみたいよ」

「やあ、遅くなってごめん」

「全然。ねえ見て。あなたにあたしの特別のお友達を紹介したいの。ねえ、おふたりさん? こちらがジェローム。ジェローム? これがクロエとクラリス」

「クロエとクラリス? おいおい、こいつら男じゃねえか」

「ええ、そう。かつてはカールとロブだったの。でも、ふたりとも、あたしが女の子の方が好きかもと思ったみたいなのよ。どこでそんな考えを吹き込まれたのか知らないけど、いつの間にか、ふたりとも競い合ってドレスを着たり、振る舞い方もどんどん女っぽくなっていって。あたし、ふたりに本当のことを言う勇気がなくって、ずっと黙っていたけど。ほんの1週間前まで、ふたりとも、まだ、あたしに対してチャンスがあると思っていたみたいなの。ほんと哀れね」

「でも、ふたりとも嬉しそうな顔をしてるじゃねえか」

「あら、違うわ。ほんとに違うわよ。ふたりとも互いに嫌っているの。でも、安心して。あなたがここにいる間は、ふたりとも良い娘でいると誓わせたから」

「良い娘ねえ。ふーん。それってどういう意味だ?」

「そうねえ、まずは、ふたりに、あたしたちのためにちょっとしたショーをしてもらうことができるわね。興味ある? ふたりのあのちっちゃいモノは、もう勃起しないの。でも、ふたりが使えるディルドなら、たくさんコレクションしてるわ」

「そうか、面白そうだな。早速、見せてもらおうか」

「ええ、あと、もしふたりとも上手にできたら、ふたりに後始末の仕事をさせてもいいんじゃない? あなたとあたしの……再会のご挨拶をした後の後始末だけど」


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


[2018/04/16] feminization 67 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する