FC2ブログ



67 Escape 「脱走」 

ifap_67_escape.jpg

67 Escape 「脱走」

「さあ、早く!」とライアンが言った。「何か服を着て、俺について来いよ。家に戻る方法を見つけたと思うんだ」

ジャスティンは信じられなそうな顔をして、古くからの友だちの顔をじっと見つめた。そしてようやく口を開いた。「家に帰る? どうしてボクが家に帰りたいって思うの? ここは楽園だよ」

「何だって? 何を言ってるんだ? ひょっとすると……ああ、なんてこった……お前、連中にそそのかされたのか? そうだな?」

「そそのかされた? ボクは別に誰にもそそのかされてなんかいないよ。ボクはただ、故郷へのノスタルジーで盲目になってなんかいないと言ってるだけ。ボクには真実が見えてると言ってるだけ」

「真実? 真実って何だよ?」ライアンは声を荒げた。ライアンは、今やほとんど昔の面影のない友人を睨みつつ、声がパニックで引きつってるのを感じた。「真実は、連中が俺やお前や他の男たちを変人の群れに変えてしまったことだろ! 自分の姿を見てみろよ。エロ雑誌の見開きグラビアに出てる女みたいになってるじゃないか!」

「なに言ってるの?! ボクは自分が前より良くなってると思ってるんだよ。でも、見開きグラビアに載るにはもっともっと頑張らなくっちゃと思ってる。それに、キミこそ……」

「黙れ!」とライアンは叫んだ。「そんなの誉め言葉にも何にもならない。お前はそんな姿になってはいけないんだよ。俺にもおっぱいなんかあってはいけないんだ。長い髪の毛もいらないんだ。それに、それに……。俺は故郷に帰りたいだけだよ。故郷に戻って本当の自分に戻りたいんだ」

「ああ、ライアン。ここが君にとっての故郷だよ。この島が聖地なんだって、ここに居られて幸せなんだって早く理解できれば、それだけ早く、本土に戻るなんてバカな考えを捨てることができるよ。ちょっと考えてみて? ここでは、何でも用意されている。食べ物も、服も、娯楽も。ボクたち完全に贅沢三昧の生活を送ってるんじゃない? なのに、あっちに戻る? あっちに戻ったら、キミもボクも無職のニートに戻っちゃうんだよ。1ヶ月もすれば、また路上生活だよ。一体どうしてあっちに戻りたいなんて思うの?」

「俺は……俺は……女の子みたいな格好がイヤなんだ。女みたいな服を着るのがイヤなんだ。俺は……俺は男になりたいんだ」

「ああ、可哀想に……それってありえないよ。もう元の姿には戻れないの。それは分かってるんじゃない? この島から出られたとしても、本土にたどり着けたとしても、あの人たちがキミを連れ戻さないことにしたとしても、キミは2度と男には戻れないんだよ」

「でも、連中は俺たちを変えたんだ。だとしたら、俺たちを元に戻せる人もいるはずだよ。俺はそう信じてる」

「ムリ。できっこないよ。でも、いいことを教えてあげるよ。キミには何が必要か分かったから。ボクの後について来て」

「ど、どこに行くんだ?」 ライアンは抵抗する気力が失せるのを感じていた。

「ボクを信じて」 ジャスティンはそう言ってビーチを進んだ。「ボクも2週間くらい前までは、今のキミと同じだったの。でも、あの人たちに助けられたんだ。ボクたちがどれだけ運に恵まれているか、あの人たちに教えてもらったんだよ。それ、知りたいと思わない? 気持ちを落ち着かせたいと思わない? 幸せになりたいと思わない?」

「し、幸せ?」ライアンはつぶやいた。

「そう、幸せ。あの人たちに会えば、嫌な気持ちを全部吹っ飛ばしてもらえるよ。そうしたら、ボクたち一緒に幸せになれるよ」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


[2018/04/19] feminization 67 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する