FC2ブログ



淫乱ママ 第12章 (2) 


裸の息子がジーナの上にのしかかっていた。腰を上下に動かして、太いおちんちんで彼女のあそこを突いている。上下に動くお尻がセクシー。

ふたりともドアの反対側に顔を向けているので、あたしが覗いているところは見えていないし、あたしの方にはふたりがつながっている部分がすっかり見える。

元気よく上下に動く息子のお尻! 太いおちんちんがジーナの割れ目にズブズブ入ってる! ジーナのあそこの唇が息子のおちんちんを包んでる。彼女の唇、入れられる時には、まとわりつくように迎え入れ、抜かれるときには、美味しいお肉を離したくないと言わんばかりにヌメッと包んで!

ふたりとも股間がびっしょり。息子のおちんちんの根元のところに白い泡ができていた。ジーナったら、ねっとりしたお汁を出してるのね。

「ああ、すごい……ああ、すごいわっ……」 ふたりを見ながら思わずあたしも喘いでいた。

ジーナも素っ裸になっていて、突き入れられるたびに、大きな乳房がぶるんぶるんと波打っていた。柔らかそう! でも、ちゃんと張りもある。

息子が手を伸ばして、片方のおっぱいを握った。そして、その乳首を強くつねった。

「ああぁぁぁぁイイっ………!」

ジーナが白目を剥いて喘いだ。

分かるわ、あの気持ち。痛いけど、それがまたいいの! 全身に電流が走るの!

ふたりを見ながら、知らず知らずのうちに、あたしは片手を股間に持っていっていた。まるで自動的に指があそこの唇を撫でて、左右に押し広げていた。

「んんんっ………」

部屋の中のふたりの声に合わせて、あたしも小さく声をあげていた。

そのときジーナが眼を開けて、ドアのほうを見た。あっ、気づかれてしまった!!

あんまり急だったので身を隠すことができなかった。あの瞬間、彼女と完全に目が合っていた! 脚の間に手を入れて、あそこの唇を開いたままのあたし! 指を2本あそこの穴に入れたまま突っ立っていたあたし!

ジーナはうっすら笑みを浮かべ、軽くウインクをした。そうして、あたしに見せびらかすように、脚をさらに広げて、息子を抱き寄せた。その姿勢だと、角度的に、真下に突き下ろすようなセックスになる。

なにより、その姿勢だと、あたしのことが息子に見つかる危険性が少なくなっていた。息子にとって一番やりやすい姿勢じゃないかもしれないけど、あたしにとっては、ジーナのあそこを貫くおちんちんが一番よく見える姿勢だった。

ジーナがあたしに見せるためにその姿勢を取ったんだと思った。ひょっとして、ジーナはあたしに見られてることで興奮してるんじゃないかと思った。

ジーナは、ボーイフレンドの母親であるあたしにエッチしているところを見られても気にしていない! むしろ、それを歓迎している! それを知ってちょっと驚いてしまった。

でも、あの皆でお風呂に入った時もそうだった。ジーナはあたしを誘惑して、あそこを舐めさせたし、さらには息子におしゃぶりまでさせた。ああ、ちょっと思い出しただけでも興奮してきてしまう。

マリファナを吸っていた上での行為とはいえ、母親が自分の息子にフェラチオをするなんて。それはとんでもないタブーな行為だったのに、ジーナはそんなあたしの行為を見て、すごく興奮していた。もうほんとにとんでもない娘さん!

ジーナがまたあたしの方をちらりと見て、それから、手をお腹に這わせて下へと滑り降ろし、ふたりがつながっている部分に片手を持っていった。息子のおちんちんが出たり入ったりをしているところに手を……

「ああ、トミー……トミーのおちんちん、すっごく固いわ……ちょっと、その固さ、あたしに感じさせて」 ジーナは息子の耳に囁いていた。

すると息子は動きを止めた。ジーナが、息子のおちんちんを握って、一度、中から引っ張り出した。テカテカに光った25センチがジーナの小さな手に握られたまま、アソコからぶるんと飛び出した。とろみのついた湿り気がジーナの指に滴ってるのが見えた。

ビクビク脈動してる男根。思わず息を飲んだ。知らないうちにお口の中に涎れがたまってくる。世界で一番のごちそうを見たみたいに涎れが出てきちゃう。ジーナは息子のおちんちんを握ったまま、彼の首に腕を回して、顔を引き寄せた。

「ちょっとだけ手でしごいていたいの。あなたの固い棒があたしの濡れたアソコに当たってる感じ、しばらくの間、感じていたいから」 ジーナはあたしの顔を見ながら息子の耳に囁いた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


[2018/05/11] 淫乱ママ 第12章 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する